トップペ−ジへ
ネット上のよくある質問
プライバシー保護
会員入会案内
絵画標準寸法表
分割払い方法
メールマガジン購読案内



洋画・日本画作家略歴



■藤井勉(ふじいつとむ) 略歴
 
1948年  秋田県で生まれる。
1971年  岩手大学特設美術科卒業。
1977年  第12回昭和会展で優秀賞を受賞。
1979年  日動画廊で個展を開く。
1981年  東京セントラル絵画館、日動画廊で個展を開く。
1983年  第26回安井賞展、佳作賞を受賞。
1864年  小泉智英と二人展を開く。
               その他、日本秀作美術展、具像現代展、明日への具像展、
               具像ビエンナーレ展、五都展などに出品。

    技法:「油彩画」

絵をクリックしますと拡大写真が
表示されます。

◆「藤井勉」作品のご紹介のコーナーはこちらです。                            





■高塚省吾(たかつかしょうご) 略歴
 
1930  岡山市巖井に高塚モータースの長男として生まれる。
1949  岡山県立第二高等学校(現操山高等学校)卒業。
           東京芸術大学美術学部油画科入学。
           硲伊之助、久保守、梅原龍三郎、林武に師事。
1953  東京芸術大学卒業。日本アンデパンダン展に出品(以後5回)。
1955  映画美術、バレエの舞台美術、衣装デザイン、台本の他、挿絵などの
            仕事を手掛ける。
1969  新宿・伊勢丹で個展。
1977  国際青年美術家展入選。
1978  ジャパン・エンバ美術賞展入選。
1979  ミロ国際素描コンクール(バルセロナ)入選。
1981  ソヴィエト文化省招待によるソ連旅行。
            銀座・松屋で個展(翌年も)。
1985  日本橋・三越で個展(1987、1988、1990、1993、1994、1996、1997、1999)。
1988  田原良作に彫刻(木彫、彫塑)を学ぶ。
1998  上野・松坂屋、名古屋・丸善、銀座・三越などで個展。
1999  松山・三越、大阪・三越などで個展。


◆「高塚省吾」油彩画作品については個別にお問い合わせください。
   ・お問い合わせメール   ⇒  





■千住 博 (せんじゅ ひろし) 略歴
 
1958年 東京都に生まれる
1982年 東京芸術大学絵画科卒業
1983年 神奈川県立近代美術館買上
1984年 東京芸術大学大学院修士課程終了、芸大買上
1987年 同大学院博士後期課程終了、東大買上
1991年 個展「砂漠シリーズ」高島屋(東京、大阪、横浜)
1993年 個展「フラットウォーター」マックスウェルデビットソン画廊
1994年 第7回MOA岡田茂吉賞優秀賞受賞
              その他、日本秀作美術展、具像現代展、明日への具像展、
              個展「絵本・星のふる夜に・原画展」三越(東京、大阪、仙台)
              その他、日本秀作美術展、具像現代展、明日への具像展、
              第4回けんぶち絵本大賞受賞
1995年 個展「ウォーターフォール」NICAF(横浜)
               その他、日本秀作美術展、具像現代展、明日への具像展、
                「千住博展」台北市立美術館(台北)
               その他、日本秀作美術展、具像現代展、明日への具像展、
               第46回ヴェネチアビエンナーレ優秀賞受賞
               その他、日本秀作美術展、具像現代展、明日への具像展、
               山種美術館が初期作品から「ウォーターフォール」までの約30作を買上
               その他、日本秀作美術展、具像現代展、明日への具像展、
               風靡の会出品(東京・夏目美術店)以後毎回
1996年 箱根彫刻の森美術館にて「千住博」展開催
               その他、日本秀作美術展、具像現代展、明日への具像展、
               「パーストポスト」展 デイロン画廊(ニューヨーク)
               その他、日本秀作美術展、具像現代展、明日への具像展、
               「ビューティープロジェクト」展 ロンドン現代美術館(ロンドン)
               その他、日本秀作美術展、具像現代展、明日への具像展、
               「千住博ジャパンツアー展」全国主要百貨店を巡回する
1997年 外務省が約20作を買上。飯倉公館、パリ日本文化会館、
               その他、日本秀作美術展、具像現代展、明日への具像展、
               ニューヨーク国連大使公邸等に収蔵
               その他、日本秀作美術展、具像現代展、明日への具像展、
               文化庁優秀作品に選出、同買上
               その他、日本秀作美術展、具像現代展、明日への具像展、
               山種美術館所蔵名品展出品(東京)
               その他、日本秀作美術展、具像現代展、明日への具像展、
               東京芸大創立110周年記念所蔵名品展出品
               その他、日本秀作美術展、具像現代展、明日への具像展、
               バーゼルアートフェア?(バーゼル)
               その他、日本秀作美術展、具像現代展、明日への具像展、
                「千住博展」(伊勢丹美術館)
1998年 大徳寺聚光院襖絵(80枚)に着手
               その他、日本秀作美術展、具像現代展、明日への具像展、
               野村万蔵(人間国宝)より依頼され新扇面12面制作
1999年 武蔵丸第67台横綱化粧回し制作
               その他、日本秀作美術展、具像現代展、明日への具像展、
               紺綬褒章受賞
               その他、日本秀作美術展、具像現代展、明日への具像展、
               現在  無所属

   「朝光」   リトグラフ

絵をクリックしますと拡大写真が
表示されます。

◆「千住 博」作品のご紹介のコーナーはこちらです。                            





■籔内 佐斗司(やぶうちさとし) 略歴
 
1953年  大阪市に生まれる
1978年  東京芸術大学美術学部彫刻科卒業
1980年  同大学院美術研究科修了
1982年  同大学院美術研究科保存修復技術研究室講師 ('87まで)
1984年  現代のユーモア(埼玉県立近代美術館)出品
1985年  第5回「天展」彫刻部門大賞受賞
1986年  現代日本の美術3 戦後生まれの作家たち(宮城県美術館)出品
1987年  彫刻動物園(栃木県立美術館)出品 、現代彫刻の新しい方向
             - 五人の日本人作家の仕事。 サルバトーレ・アラ・ギャラリー、
             (ニューヨーク)出品。
             こども コドモ 子供展(おかざき世界子ども美術博物館)出品
1988年  個展(Alexander F. Milliken Inc./New York)
1990年  ヒトのかたち 美のかたち展(福島県立美術館)
1991年  「籔内佐斗司作品集 大博物誌」刊行(求龍堂)
1993年  個展「籔内佐斗司の博物学的世界」(刈谷市美術館等6会場巡回)
            籔内佐斗司美術館開館(うるし蔵/石川県加賀市)
1996年  個展“The World of Satoshi Yabuuchi ― sculptor”
             (Castellani Art Museum of Niagara Univ./N.Y.)
1997年  久万青銅之廻廊―籔内佐斗司ギャラリー開館 (愛媛県上浮穴郡)
1999年  個展「籔内佐斗司の世界―色心不二」
             (Mitsukoshi Etoile/Paris、日本橋三越ほか3会場巡回)
1999年  個展(パリ三越 エトワール美術館)
2000年  個展「新世紀に向けて 籔内佐斗司の世界展」
             (横浜・京都高島屋)

  技法:「ブロンズ」

絵をクリックしますと拡大写真が
表示されます。

◆「籔内 佐斗司」作品のご紹介のコーナーはこちらです。                            





■織田 広喜 (おだひろき) 略 歴
 
1914年(大正   3年) 福岡県嘉穂郡千手村(現・嘉穂町)に生まれる。
1917年(大正   7年) 福岡県礁井村礁井尋常高等小学校入学。
1924年 (大正 14年) 千手村の西楽寺の雲外和尚に墨絵のてほどきを受ける。
1931年 (昭和   6年) 礁井村の帝展入選画家、犬丸琴堂に油絵のてほどきを受ける。
1932年(昭和   7年) 上京する。
1934年(昭和   9年) 日本美術学校絵画科入学。
1939年(昭和 14年) 日本美術学校西洋画科卒業
1940年(昭和 15年) 第27回二科展初入選
1946年 (昭和 21年)  第31回ニ科展でニ科賞受賞
1950年 (昭和 25年)  ニ科会会員となる
1951年 (昭和 26年)  ニ科展に超大作「月見」を発表。画壇のホープとして注目を集める
1960年(昭和 35年) 渡仏。サロン・ドートンヌ出品
1961年(昭和 36年) フランスから帰国、以降しばしば渡欧
1967年(昭和 42年) 国際形象展愛知県美術館賞受賞
1968年(昭和 43年) 第53回二科展にて内閣総理大臣賞受賞。
                             「噴水とマヌカン」文部省買い上げ。
1971年(昭和 46年) パリで初めて個展。東郷青児賞受賞
1980年(昭和 55年) 京都市立芸術大学講師。
1982年 (昭和 57年)  第25回安井賞展入選。 リオデジャネイロ市名誉市民
1984年 (昭和 59年)  第27回安井賞展入選。第1回日本青年画家展に出品、
                             第1回日本青年画家展に出品、第6回日本秀作
                             美術展に出品。5月、渡欧。(ベルリン)
1985年 (昭和 60年)  フランス、プロヴァンス地方にて制作。
1992年 (平成   4年) 勲四等瑞宝章を受賞。渡欧(オランダ、フランス)。
                             美しすぎる嘘PART1(三越-日本橋・大阪・松山)
1993年 (平成  5年) 第15回日本秀作美術展に出品。個展(三越-日本橋・名古屋・松山)
                             個展(大阪梅田近代美術館、以後広島・福岡・福山巡回)。
                             「美しすぎる嘘PART2」(三越-日本橋・大阪)輝くメティエ
                             現代油彩画の写実細密表現(奈良県立美術館)に出品。
                             平安建都1200年記念美術選抜展(京都市美術館)に出品。
                             現代絵画の断面-'94洋画KYOTO展(京都文化博物館)に出品。
1994年 (平成   6年)  福岡市に美術館ミューゼODA開館
1995年 (平成   7年) 洋画の展望-具象表現を中心に(福井県立美術館)に出品。
                             芸術院賞・恩賜賞受賞、日本芸術院会員に就任
                              この間、個展多数。
1996年 (平成   8年)  ミューゼODAの姉妹館として福岡県嘉穂郡碓井町立
                             織田廣喜美術館設立
1997年 (平成   9年)  美しすぎる嘘PART3(三越-日本橋)に出品。
1998年 (平成 10年)  個展(日本橋三越、京都大丸)。
                             現在、 現在東京都世田谷区在住。
                             日本芸術院会員、二科会常務理事


◆織田 広喜 (おだひろき)作品ご購入のお問い合わせはこちらへ                            





■山中雅彦(やまなか まさひこ) 略歴
 
1955年 岩手県に生まれる
1981年 白日会にて佳作賞受賞、会友となる
               その他、日本秀作美術展、具像現代展、明日への具像展、個展開催
1982年 個展開催
1983年 白日会T賞・白日会奨励賞受賞
               その他、日本秀作美術展、具像現代展、明日への具像展、白日会準会員推挙
1984年 白日会会員推挙
1986年 個展開催
1989年 東京セントラル美術館油絵大賞展出品
1990年 白日会M賞受賞
               その他、日本秀作美術展、具像現代展、明日への具像展、個展開催


◆「山中雅彦」作品ご購入のお問い合わせはこちらへ                            





■ブラジリエ (アンドレ・ブラジリエ) 略歴
 
1929年  フランス、ソーミュールに生まれる。
1949年  パリ美術学校に入学。ブリアンションのアトリエで学ぶ。
1952年  フロレンス・ブリュマンタル賞をはじめとして、ローマ大賞(第一位)、
              シャルル・モレ賞等を受賞。その間各展に出品し、個展を開く。
1953年  ローマ・グランプリ賞受賞。
1959年  この年より、パリ、ジュネーブ、ニューヨークで定期的に個展開催。
1961年  青年絵画展でシャルル・モレ賞。
1962年  シュールロット賞受賞。サロン・ドートンヌ、サロン・デ・チュイルリー委員
              や各地ビエンナーレの会員となる。
1974年  東京で個展。
1977年  東京吉井画廊で個展開催。
1984年  東京、森工房で大版画『雪の乗馬』『青い池』(約100号)を制作。
              東京、森工房で大版画『雪の乗馬』『青い池』(約100号)を制作。
              優美で静謐なイメージは観るものの心に印象を強くし、明快な色彩表現
              人々の心を、たおやかにし、詩的な表現を得意とする作家。フランス的な
              センスが人々の心の琴線に共鳴を与える。作品はフランス政府、パリ美術館、
              オランダ美術館などに収蔵されている。

     技 法:「油彩画」

絵をクリックしますと拡大写真が
表示されます。

◆「ブラジリエ」作品ご購入のお問い合わせはこちらへ                            





 
■北 久美子(きた くみこ) 略歴
 
1945年  大阪府に生まれる
1966年  浪速短期大学美術科卒業
               ニ紀展(以降毎年出品 褒賞、奨励賞、佐伯賞、宮本賞、宮永賞、菊華賞受賞)
1973年  女流画家協会展(以降毎年出品 花椿賞、O夫人賞、K夫人賞、女流画家協会賞受賞)
1976年  昭和会展(〜'77年)
1981年  東京セントラル美術館油絵大賞展
1984年  安井賞展(〜'86、'88、'90年安井賞受賞)
1989年  第1回前田寛治大賞・市民賞受賞(鳥取県倉吉博物館)
1990年  文化庁芸術家在外特別研修員
               両洋の眼・現代の絵画展('92、'93、'94年)
1991年  現代日本美術展(北京・故宮博物院・紫禁城)
1992年  夢浪漫'92(名古屋市・中京テレビ)
1993年  IMA「絵画の今日展」
              現在 ニ紀会委員 女流画家協会委員


◆「北 久美子」作品ご購入のお問い合わせはこちらへ                            





《 トップページに戻る 》