「田崎広助」作品ページに戻る
美術品のご相談
ネット上のよくある質問
個人情報保護
会員割引・入会案内

田崎広助   (たざきひろすけ)
「朱富士」   [特大・横版]

絵をクリックすると戻ります
田崎広助の作品詳細ページに戻ります。 画像をクリックしますと [ 田崎広助] 作品の詳細ページに戻ります。



田崎広助  (たざき ひろすけ) 略歴
1898年 福岡県八女郡北山村に生まれる。本名:田崎廣次。    1911年 福岡県立八女中学入学。    1916年 福岡師範学校第二部入学。    1920年 画家を目指し上京し、本郷駒本小学校の図画教師となる。    1923年 関東大震災により、東京から京都へ移る。   錦林小学校に勤めつつ、京都・聖護院の関西美術学校に学ぶ。    1924年 錦林小学校の同僚、黒田敏子と結婚。画業に専念。    1926年 第13回二科展に『森の道』『山百合』『京都吉田山』、3点が初入選。    1932年 シベリア鉄道にて渡欧。パリのアトリエを拠点として、イタリア、スペインなどへ写生旅行。   サロン・ドートンヌに『パリの裏町』など3点出品する。   サロン・ド・リーブルに出品。    1935年 滞欧作7点を二科展に特別陳列する。    1937年 練馬区豊玉にアトリエを構える。   第一回一水会展に『丘の小松』『小松と朝顔』『早春風景』を出品し入選。以後毎年一水会展に出品。    1938年 一水会賞受賞。    1939年 一水会会員となる。    1941年 左分利賞受賞。    1949年 日展審査員となる。    1958年 改組日展の評議員・審査員、東京都美術館参与となる。    1961年 初夏の阿蘇山』ほかの連作に対し、日本芸術院賞受賞。    1967年 芸術院会員となる。日展常任理事となる。    1968年 勲三等瑞宝章受章。    1969年 改組日展の評議員・審査員となる。    1971年 文化庁買上作品選考委員を2ヶ年委嘱される。    1973年 東郷青児、田崎廣助らが中心となり、日伯現代美術展を開催。   ブラジル政府から、最高名誉文化賞を受ける。    1975年 日本橋高島屋にて初の回顧展<田崎廣助>展開催。   文化勲章受章。    1984年 東京で歿。享年85歳。



《前のページに戻る》